【備忘録】「視点」による裏のドラマ

●アイデアメモ
シチュエーションコメディに『レイチェルの結婚』的な目線の概念を設ける案。
基本的に「その状況を俯瞰で見る」っつー同ジャンルにおいて、「その俯瞰で見てるのは誰なのか」っていう。
観客の視点を、作中に語られるけど登場しない誰かの視点とする。
舞台が一部屋で行われることが多いわけで、だったらその部屋に住む地縛霊?家族の中で先に亡くなった人?
気づくとそこにドラマ、気づかなくても単に面白いシチュエーションコメディ、みたいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です