ピザ屋アガリスクエンターテイメント

かつて、深夜に塩原さんがピザ生地を抱えてアガリスクハウスに駆け込んで来たとき以来の、ハウスでのピザ会兼大久保さんの誕生日会。
当然釜はないし本格的なオーブンも無いので、フライパンで底と中に火を通して、魚焼きグリルで上を焼くのだけど、途中で作業効率が良くなってからの勢いは凄かった。
image-20130716232516.png
今回学んだ真理は
・後を省みなければ、フライパンはダッチオーブンになれる。
・柔らかすぎる生地はカルツォーネからの展開
生田ー塩原ー冨坂ラインでの作業の効率、クオリティたるや結構なもので、アガリスクエンターテイメントの団体紹介“コントライブ「新宿コントレックス」を開催するなど活動範囲は多岐にわたる”に“ピザ屋を営む”を追加しようかと思ったほどだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です