『みんなのへや・改』稽古4回目

稽古4回目。

本日から石井智子さんと中田由布さんが参加。
作品について決まってることや演出の方針、あれやこれを説明し、まずはアップがわりに『お父さんをください』でそれぞれのタイプを見る。

今回、女性陣3人…石井智子、江益凛、中田由布のタイプがいい感じにバラバラで楽しい。ま、そりゃ大体バラバラにはなるんだけど。劇団でもそうだし。

そして『みんなのへや』の書き直した前半を立って動いてみる。
この作品、立って、動いて、間取りを意識して練習しないとマジでちんぷん&かんぷんですね。

石井智子さんの演じる小悪魔っぷりが、絶妙にバカみたいな(褒め言葉)小悪魔で、すごく好感を持った。
嘘すぎず、マジすぎす、素直に可愛い部分もあるけど、ギリ「滑稽」のラインに乗ってるのが良い。あとはまだあんまりやってない困らされるところと勘違いしてるところが決まれば大体大丈夫だろうな。

中田由布さんは、あんまり舞台となる部屋には常駐しない、けどキーマン。
年齢不詳感やキャラクターっぽい話し方動き方が(こういう言い方するとあれだけど)とても使えそう。順で使ったり逆で使ったり。

稽古後は最寄りのタイ?ベトナム?料理店で食事。
よく知らないメニューを頼んだら、俺以外全員苦手な盛り合わせが出てきたり、「これ絶対食べるものじゃないでしょ」な具材が入っていたり、その名前がガランガルと言ってモンハンに出てくる固い甲羅を持つモンスターみたいだったりした。モンハンはやったことない。

明日は序盤からバリバリ立ってやっていく。一日稽古だ。

それと同時に『わが家の最終的解決』のプロデュースワークが山積み。
でも京大吉田寮をモデルにした渡辺あやのドラマ『ワンダーウォール』もレンタルしたので配信で見たい。どうしよう。わわわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です