アイドルユニットにコント書きます

小劇場演劇で役者やってる女性達がアイドル活動を始める、ということで、そのお披露目ライブの賑やかしにコントを書かせてもらうことになりました。
そのアイドル活動ってのがこちら。

アイドル群雄割拠のこの時代に、小劇場から、アイドルユニットが誕生します。

なんでも、小劇場演劇でブイブイ言わせてる人達の才能を結集して歌詞書いたり曲作ったり振付けたりPV撮ったりして、その女優達のプロモーションとして使える、映像や楽曲などの回覧性の高い作品をつくるのが目的とのこと。
まずは一度お披露目の公演をして、それをキックオフに継続的な活動を始めるそうでして、そのお披露目ライブ内でメンバー達が演じるコントの台本を書かせてもらうことに。
メンバーの女優陣は知ってる方がいないのだけど、スタッフ陣がみんな演劇人として面白い人たちなので、そこに加えてもらったのは嬉しくもあり、「コントとはいえ芝居パート書くの俺でいいの?」みたいな感もあり。
谷賢一(DULL-COLORED POP)…!
上野友之(劇団競泳水着)…!
ハセガワアユム(MU)…!
二階堂瞳子(バナナ学園純情乙女組)…!
北尾亘(Baobab)…!
オカヨウヘイ(PLAT-formance)…!
冨坂友(アガリスクエンターテイメント) …ん?
ってな感じで。
正直、どこまで本気でアイドル業界に殴りこむのか、「小劇場演劇の女優・スタッフが結集」という点にどこまで勝算を見出しているのか、等の疑問もありますが、単純に面白そうなのでお手伝いさせていただくことになりました。女性アイドルとコントなんて両方好きだし。
メンバーも他で女優活動をしながらだし、ぶっちゃけ「このアイドルユニットでどうにかなろう」ってわけではなく「全力の遊び」だとは思うんですが(本気だったらスイマセン)、せっかくなので「アイドルと演劇」「アイドルとコント」を突き詰めた作品を書いて、自分なりの「アイドルとはなんなのか」に迫りたいと思います。
おそらく、アイドル達を登場人物にした、お話っぽいコントを書くと思います。
今のところ迷っているのは、アイドル周辺の人間ドラマを演劇(虚構)として再現することに意味があるのか、という点。
「アイドルにまつわる物語を演じる役者」「中身は関係ないけど表現が構造的にアイドル」のどちらにするべきか、うーむ。
非常にややこしい話になるので詳しくは後日書くけど、これは自分が今後劇団を・劇団員をどうやって見せていくかにも関わる、非常に大事な勉強な気がする。
さて、というわけで当該のコントを上演するお披露目ライブ詳細
38mmなぐり~ず お披露目ライブ
2011年12月24日(土)~25日(日)
【会場】新宿シアター・ミラクル
【日時】12/24(土)20:00~
    12/25(日)14:00~/19:00~
【料金】前売/当日:2500円
【発売】12/17(土)12:00~
詳細は こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です