WS前半終了ももクロ横アリバトルシップ翠組発売WS後半

いろいろお知らせ系になっちゃうのですが。
アガリスクエンターテイメントの次回公演『ナイゲン』出演者選考ワークショップオーディション(←長い)4/21の回が終了しました。
参加してくれた皆さん、ありがとうございました。
みなさんホント個性的で上手い方ばっかりで…!
って言いたい所だけど、まぁそんな上手くはいかないわな。あんまり書いちゃうと4/21と4/29で不公平が出ちゃうので具体的には書かないけど…
過去公演テキストをやったけどハードル高すぎたのかなぁ。
普通に立ち稽古してフツーになった後で“これが俺たちのやり方”(byラッパ我リヤ)みたいにアガリスク流の視点で再構成する予定だったんだけど、普通に成立する前の「何かが違う…」「しかし何が違うのかわからない…」という状態のまま終了時間を迎えることに。
たまたま初見でやるのが苦手な人ばっかりだったのか、俺が参加者の慣れに過度の期待をしていたのか…。とにかく、もっと様子を見ずに最初からガンガンダメ出しをしないと本題に入らないな(無理に入っても今回みたいになる)と実感。
そして4/22は舞台の打ち合わせの後にももいろクローバーZ横浜アリーナ2daysの二日目に参戦。初のももクロ現場。
前日夜、Twitter開いたときに見まいとしつつ見えちゃったネタバレでゲスト出まくりのギミック祭だったのを聞いて、すげー嫌な予感がしてた。自分はTIF2010「走れ!」とか、ももクリ2010「走れ!」「ツヨクツヨク」で好きになった層なので、最近のサブカル層狙いが目立ちすぎるプロモーションにあまり好感を覚えていなかったのだ。曲とか人物とかその他のイベントがどれだけ変わってても、ライブに関しては歌って踊るときのシンプルなひたむきさをメインに据えているグループだと信じていたからだ。
しかし行ってみたら前日からの心配は全くの杞憂で、1日目と2日目は全く違う内容。シンプルなセンターステージに出演者5人のみ、歌って踊ってMC短めのすごくシンプルな構成だった。
かのグループの、アイドルらしいところが好きで、最近の仕掛けに辟易気味の自分としては、今日がこっちで本当に良かった。まぁ昨日の事件っぷりもハタで聞く分には興味深いけど。
曲も、終盤が 走れ!→ツヨクツヨク→怪盗少女で、アンコールが新曲→スターダスト→コノウタ→あの空 というおそらく鉄板の布陣。
なにより白眉は、アンコール曲も終わって、最後のメンバーの挨拶中に、BGMで流れている「あの空」オケに反応して客席のどこからともなく「世界のももクロNo.1」(「あの空に向かって」という未音源化にして初期の代表曲の感想で挟まれる合いの手)が聞こえてきて、それが会場中に伝播して大合唱になったところ。美しい光景でした。
4/23はタマフル聞いて久しぶりに笑ったシネマハスラーをうけて、そしてムシャクシャしてバカ映画を見たかったので『バトルシップ』を見た。とことんバカ映画だし、作る側も割り切ってるのが清々しい。ジジイ登場とあの戦艦の復活再起動の、熱くてあり得ない展開で声出して笑った。上映時間長いのに全然長く感じなかった。バカ映画だけど全然クソ映画じゃない。
あと、前回のエントリーで調子こいてブチ上げた外部脚本書き下ろしの翠組 midori-gumi 第2回公演『放課後サマージャム』のチケットが発売になりました。現段階で言えるのは、出演者がイケメン揃いだってことと、冨坂友×保木本真也に乞うご期待!くらいなんだけど、どうぞお願いします。
詳細 ご予約
そして、前述のアガリスクのワークショップオーディションの4/29(日)の回です。
ワークショッププログラムの関係上、女性の方の募集を締め切らせて頂きます。
男性の方のご参加はまだ受け付けております。どうぞお気軽にご応募下さい。
※どうしても今から…という方は、一応応募のメールをお送り下さい。男女比のバランスが取れた場合、追加で募集する可能性もありますので。追加にならなかった際はお知らせしますが、その旨ご了承下さいませ。
詳細は コチラ か コチラ でご確認下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です