ナイゲンは再演のようで新作です

はい、『ナイゲン』の台本を書いてます。稽古もしつつ、出演者の色々を見つつまだまだ書いてってます。
そう、『ナイゲン』は、再演ですが完全書き直し再演で、しかもそれが「台詞書き直し」「(なにかの)バージョンかえて書き直し」とかじゃなく、あらすじから構成から登場人物から全て新しくなってます。
ホント、「原案:初演ナイゲン」ってなもんです。
2006年にやったときは、実在する国府台高校の内容限定会議にわりと忠実に、色々なクラスの審議されていく様をちょっとずつ複数の幕にわたって見せていくものでした。したがって、芝居が始まったときの大目的みたいなのも特に無く。
今回は、あらすじにもあるようにハナっから「1クラスが脱落する話し合いをしなければならない」という設定にガラッとかわっています。それに伴い、色んなところが別物になっています。
そして、劇中の国府台高校も、内容限定会議も、実在するモノとは離れたかもしれません。
でも、作品に込めたテーマや思想は、より本物になってると思います。ま、「俺から見た本物」でしかないんですが。
要するに何を言いたいのかというと、すっげー書いてて、すっげー変わってて、すっげー面白くなってるから観に来てね ということ!
『ナイゲン』公式サイト…キャストプロフィールが豪華になったよ!
『ナイゲン』CoRich!舞台芸術ページ…「観たい!」口コミに全部お返事書きます&チケットプレゼント実施中
以上、キーボードで台詞打ちまくるためのアイドリングがわりのブログでした!
あ、多分ナイゲン以降、当分のあいだ新作長編書かないと思うので、お見逃し無く。って面も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です