ファミリーコンフューザー 脱稿

昨日か?一昨日か?ファミリーコンフューザーの台本をあげた。
かなり遅れまして、関係者各位に本当にすいません。
ご予約や迷ってるお客様でそれを知ってた方、ご心配おかけしました。
やっとこさケツまでいったぜ。ホントに長かった&きつかったー。
ただ、今回は書き上げるまでに相当悩んで、前夜に奇跡の演出まで思いついたので、ここから直すにしてもかなり道筋の見えている感じです。
“認知症×シチュエーションコメディ”
ということで、「笑えない設定」を「笑える展開」で語る本作『ファミリーコンフューザー』ですが、その分はかなりいいセンで叶えているのではないかと。
また今回は、台本の構造に拘った、凝ってみた、とかじゃなく、演出のプラン込みでの台本の熟考が実を結んだ感じなので、演出面で物語を強固に立ち上げていく感じです。
一般的にはシチュエーションコメディでやらない演出方法を使うことで、相当の情報量を50分に詰め込み、多層的な物語を同時に流し、生身の肉体で実演しないと出来ない表現にもなっているんじゃないかと。
(詳しくはアガリスクRADIO企画モリエンテスラジオのこの回。の2本目の音声を参照。)
なので、ホントに是非観に来てください。
同じ「シチュエーションコメディ上の実験」って意味でも斬新さと大胆さでは『みんなのへや』の比じゃないし、同じ中編だけど、番外公演の色なんて一切無い、本気で全速力の球を投げに行ってます。
現代日本のシチュエーションコメディの、最高峰かどうかは知らん。が、最前線はまさにここにあるぜ、誇張じゃなく。
ご予約は こちら から
詳細は こちら から
よろしくおねがいします。

2011年09月19日のつぶやき

yu_tomisaka 私もそうでした。そして行きそびれて期限逃しました。RT @kusanokakka 結婚式2次会にてディズニーのパスを手に入れた。いい加減ディズニーリゾートに行けという神からの啓示か。 at 09/19 22:21
yu_tomisaka ブログ投稿『2011年09月18日のつぶやき』喜劇作家トミサカ|http://eeg.jp/7c9p at 09/19 05:58
yu_tomisaka わーい布団だー!布団だ布団だー!寝具寝具寝具! at 09/19 02:39
yu_tomisaka 今度のアガリスク『ファミリーコンシューザー』に出る女優が155cmすぎる。なんで at 09/19 01:11
yu_tomisaka 直接舞台で見るのと(それもメイクとか特殊な衣装だと見た目わかんない)、クレジットの当パンやチラシだけでは誰が誰やら…。 at 09/19 00:40
yu_tomisaka いやホント、小劇場で俳優なり女優なりやってる人は照れずに謙遜せずに自分の写真載せてくれないかと思う。更新頻度といい、画像とかのサービスといい、アイドルのブログとか見習うべきだよなー、とつくづく。 at 09/19 00:39
yu_tomisaka あら、観てみたいですが…稽古でした…RT @hanacokker 多少婦人「驚々」は、作・演出の酒井雅史の初の長編。アガリスク・エンターテイメントの冨坂友、8割世界の鈴木雄太と同じくシチュコメの王道を行く作風で安心した。19日まで池袋GEKIBAで上演中(略) at 09/19 00:14
yu_tomisaka そして実は『無縁バター』はもう通しまでしているのです。稽古場では今日突発的に「歌稽古」っていうこれまた普段なら絶対やらない時間があったw 昨年の初演見た人にも絶対見て欲しい作品。出演者だけじゃなく結論すら新しくなってます。2011~希望~ http://t.co/WJnfrzSY at 09/19 00:09
yu_tomisaka 一通り台本がケツまであがった。関係者皆さん遅れて申し訳ない…。ファミリーコンフューザーはチョコチョコ直しながら明後日から連日稽古で詰めて行きますが、昨晩、劇団員と話していて、天啓のように素敵なプランが浮かんだのだ。今までのウチには無いプランで、多分、アガリスクどうしたってなるけど at 09/19 00:03

2011年09月15日のつぶやき

yu_tomisaka Twitterやってると、本名じゃなくて顔も違う人で超気の合う人が、リアルの友人かと思えてきて最近誰が誰かわかんない at 09/15 21:01
yu_tomisaka 俯瞰して見るようなデッカイ設定の“引きの絵の芝居”(?)をデッカイところでやりたいなーとも思う、が、そのためには小さいところを埋めなつくさないとだわ。観客動員的にも熱量的にも。 at 09/15 20:58
yu_tomisaka あら、でも嬉しいっす!RT @propmind ある人とアガリスクエンターテイメントの話をしていて、自分が見ていない過去作品のタイトルを言おうとして豪快に間違えた。
正)「人質に元カノ」→誤)「恋人が元カノ」
そりゃただの復縁話だ。 at 09/15 20:49
yu_tomisaka 「さかなクンが魚の死んだ被災地の水族館のために奔走」って記事と「死んだ魚の目うんぬん」ってつぶやきが偶然並んでて何故だか一瞬ドキリとした自分のTL at 09/15 15:52
yu_tomisaka ブログ投稿『2011年09月14日のつぶやき』喜劇作家トミサカ|http://eeg.jp/L56p at 09/15 06:09
yu_tomisaka ワンダバダバ ワンダバダバ ワンダバダバ at 09/15 01:52
yu_tomisaka ブログ投稿『無縁バターのリライトであれこれ』喜劇作家トミサカ|http://y_tomisaka.blog.agarisk.com/article/225996114.html at 09/15 01:48
yu_tomisaka アガリスクエンターテイメント『ファミリーコンフューザー/無縁バター』10/6(木)~10/10(月祝)@新宿シアター・ミラクルについて、ちょっと書きました。いつもと違う点とか、情報とか。http://y_tomisaka.blog.agarisk.com/ #agarisk at 09/15 01:36
yu_tomisaka http://www じゃないからできないのか? at 09/15 01:29
yu_tomisaka TweetdeckでSeesaaブログのURLが短縮できない!なんだこれ! at 09/15 01:23
yu_tomisaka アガリスクハウスはコタツを手に入れた! http://t.co/ahfVipA at 09/15 00:09

無縁バターのリライトであれこれ

ぼんやり書くぜ!
やるかどうか悩んでることなのに、具体的に明かさないのにわざわざ書く、という、バラエティ番組のピー音型・自己満足エントリだよー。
とりあえず無縁バターの再演でやりたいことは、「“孤独死を恐れる若者”(なんかNHK無縁社会みて騒いでた人いるらしいぜー)に共感できない」という立ち位置から語る、ということ。
自分もNHKスペシャル無縁社会で興味を持った(強めた)クチだったけど、それを自身の身に置き換えて恐怖はしてなかったので。あきらかに平均的な若者より孤独死まっしぐら☆な人生設計してるんだけど。
そして、『無縁バター』劇中で既に死んでいた男・「戸田」について、彼の物語を追おうと思えば追える、見出そうと思えば見出せるレベルで走らせておく、ということ。
ただのビックリ箱的エンディングだと思われるのも本意ではないので、あくまでくだらないシーンの連続でありつつ、自分の意見を「シーンで」台詞ではなく「シーンで」語りたい。
ということでの「エフェクト」「鼻歌」「焼きそば」かなぁ…。

2011年09月14日のつぶやき

yu_tomisaka チケット買いたいのにiPhoneからイープラスログインできなすぎ。 at 09/14 15:23
yu_tomisaka ちなみに先ほど呟いた魔法の壁でのキャスト紹介写真から一枚こっそり。あだ名“ネコソギ”こと甲田守。こんな感じに撮れる魔法壁。http://t.co/qzW8ZGR at 09/14 02:08
yu_tomisaka ありがとうございます!熱く恥ずかしく真面目に語った甲斐がありました RT @dreamy_devil: 新宿コントレックスのポッドキャスきいてよかったわ。ゾンビジャパンの謎がとけた。http://t.co/YLvzcMT at 09/14 00:03
yu_tomisaka アガリスクの拠点・本八幡にある魔法の壁(a.k.a.「スタジオ」)の前で撮った、『ファミリーコンフューザー/無縁バター』のキャスト写真が可愛い&格好良すぎw いや素でもそうだけど壁力もすごい。近いうち特設サイトhttp://t.co/Ze2yKns に載ります #agarisk at 09/14 00:02

日記を新たに始めます

こんにちは、アガリスクエンターテイメントの冨坂友です。
この度、このhttp://y_tomisaka.blog.agarisk.com/というagariskドメインのブログで新たに日記を書き始めます。
というのも、正メンバーが4人になり、これからは各自が企画を持ったりプロデュースをしたり、Webラジオをやったりと、顔出して名前出してやっていかなきゃいけないだろうと、タレントぶってブログを頻繁に書かなきゃいけないだろうと、そういう経緯です。
今まで、恥の多いブログを書いてきました。
ということで、今までのブログ(一年近く放置)は引き継がず、新たにスタートします。
さて、その放置している一年間は、思いついたことをTwitterに書き、垂れ流し、放流し続けていました。
もちろんTwitterの手軽さも素敵なんですが、記録に残せる、見返せる、そういった腰を落ち着ける場所を個人で持ちたいとも思っています。
内容としては、日記と、脚本や企画のアイデア置き場と、レビューで書いていこうと思います。
さぁ、これをアイドル並みに更新できるのか。挑戦だ。